令和3年初のバンドクリニック、愛知県立豊田西高等学校で開催

令和3年1月17日(日)、2021年最初のバンドクリニックを愛知県立豊田西高等学校ギター部で開催しました。昨年はコロナ禍で、多くの…ほとんどの軽音楽部が思うように活動できなかった1年でした。新年こそは…と思った矢先、1月7日に首都圏では2回目の緊急事態宣言が発令され、少し遅れて愛知県でも発令されましたが、豊田西高等学校ではコロナ対策を講じた上であれば部活動を行ってもよいという判断が下り、予定通り開催することとなりました。

当日は朝8時半の集合なので、横浜からでは間に合わないので、前日に名古屋市内のホテルに宿泊。豊田西高等学校のある豊田市駅までは宿泊先のホテルの最寄駅から直通で1時間弱で行けるので楽ちんでした。顧問の先生が迎えに来てくださるとのことで、駅の隣にある松坂屋の横で待ち合わせ。

駅から学校までは車で5分ほどですが、途中でギターを背負って歩いている生徒を見かけました。聞けば所要時間は20分ほどだとか。豊田西高等学校は3年前にお邪魔したことがあるので、校門や校舎が懐かしく思え、なんだか母校に帰った感じがしました…笑。

控室として用意していただいた会議室でしばらく待ち、当日の打ち合わせを軽く済ませます。当日は生徒を一般教室と視聴覚室、音楽室の3部屋を駆使して、三密にならないように工夫しました。開会式も2箇所で時間差で開いて全員が集合しないようにしました。基準は1クラスの人数以下の集合体になるように配置しました。

午前中は一般教室で「電気と音響の基礎知識」、「アコースティック・ギターの基礎知識」、「エレキギターの基礎知識」、「エフェクターと音作りの基本講座」の4本を各20分で講師が講義。一方、「部活動としての軽音楽部を考える」、「全国大会や愛知県大会/中部大会の入賞バンドの映像」、「アンサンブルが良くなる練習方法の映像」などはビデオの視聴としました。

昼食を挟み、10バンドの演奏とアドバイスをしました。1バンド15分間。三密にならないように、演奏バンドと次のバンドの2バンドのみが音楽室に入り、他の生徒は控室で待機。クリニックの様子を撮影することで後日、みんなで共有できるようにしました。すべてのメニューが終わり、閉会式を開催。最後は記念写真の撮影です。この時は窓を開けて通気をよくした音楽室で雑誌用のマスク着用の撮影とSNS用は顔出しで撮影。特にマスクを外した際は全員無言で撮影しました…笑。

回収したアンケートの有効解答率が非常に高く、コメントを読む限り、有意義なクリニックと感じてもらえたようで一安心…安堵しました。その後、豊田市駅まで送ってもらい、名古屋駅でお土産を買って、新幹線に飛び乗り、早々に横浜に戻りました。行って良かった!開催できてよかった!

関連記事

ページ上部へ戻る