File No. 38 東京大学 東大音感

昨今の「バンドブーム」「軽音ブーム」にも押され、大学の軽音楽サークルが全国で盛んになっています。しかし、日本全国に軽音楽系のサークルは数あれど、それぞれがいったいどんなサークルで、どんな活動をしているのか、お互いにあまり知らないものです。ここでは全国の「大学軽音楽サークル」の活動内容をご紹介します。新入生やインカレの学生は自分に合ったサークル選びに、サークル運営に困っている幹部はその手助けに、そして、気の合いそうなサークルへの合同ライブのお誘いなど…全国の軽音楽系サークルの橋渡しになれば幸いです。

幹部の役職について
— ライブ全般の責任者であるライブ係や、音感所有の多くの機材を管理、メンテナンスする機材係などがあります。また、PAや照明も自分たちで行うため、それ専門の担当者もいます。

演奏している音楽ジャンルについて
— Rock、Pops、Jazz、Fusion、Funk、Soul、R&Bなど、あらゆるジャンルの曲を演奏します。RADWIMPSやUNISON SQUARE GARDENといった邦楽、JamiroquaiやIncognitoなどの洋楽までコピーが多いですが、中にはオリジナル曲を演奏する部員もいます。

ライブや演奏会について
— ほぼ毎月何かしらの演奏の機会があります。ライブは駒場キャンパス7号館のほか、ライブハウスを1日貸し切りで利用しています。毎回のライブごとにバンドが組み換わるので、いつも新しい音楽仲間との出会いがあります。

その他の主な年間行事について
— 4月:新歓ライブ。5月:激突ライブ、五月祭。6月:C年ライブ。7月:夏リサイタル。8月:夏合宿。10月:月見ライブ(1年生・2年生のみ)POM感。11月:駒場祭。2月:冬リサイタル。3月:卒業リサイタル、春合宿。その他、関東七大学音楽祭やSound Youthに出演。また、お花見やピクニック、BBQといった部員同士の交流イベントもあります。

アピール・ポイントなど
— 東大で7つの軽音楽系サークル中、東大音感は最大級のバンドサークルです。戦前にできた合唱団をルーツとする、長い歴史を持ったサークルで、関東圏の様々な大学から仲間が集まって音楽を楽しんでいます。一人の弾き語りからホーン・コーラス付きの大編成のバンドまで、非常に自由な形で活動が可能です。

今後の活動の目標や抱負について
— 「本気で音楽」のモットーの下、本気で音楽を楽しんでいます。もっと多くの方に東大音感を知っていただきたいですし、もっと多くの方に部員として一緒に参加していただきたいです。 音楽好きたちの結節点となるサークルを目指していきます。


DATA ◼︎設立:不明(戦前の合唱団がルーツ)◼︎所属:東京大学 駒場キャンパス ◼︎部室:新学生会館内 ◼︎在籍人数:約150名 ◼︎ジャンル:オールジャンル ◼︎楽曲:コピー中心 ◼︎編成:フリーバンド制

関連記事

ページ上部へ戻る