File No. 19 九州工業大学 情報工学部 軽音楽部

昨今の「バンドブーム」「軽音ブーム」にも押され、大学の軽音楽サークルが全国で盛んになっています。しかし、日本全国に軽音楽系のサークルは数あれど、それぞれがいったいどんなサークルで、どんな活動をしているのか、お互いにあまり知らないものです。ここでは全国の「大学軽音楽サークル」の活動内容をご紹介します。新入生やインカレの学生は自分に合ったサークル選びに、サークル運営に困っている幹部はその手助けに、そして、気の合いそうなサークルへの合同ライブのお誘いなど…全国の軽音楽系サークルの橋渡しになれば幸いです。

幹部の役職について
— 部長、副部長、機材長、企画長、書記、会計、会計補佐があります。

演奏している音楽ジャンルについて
— 邦ロックが多いですが、ラウド、洋楽、フュージョン、ポップスなど幅広く行っています。ASIAN KUNG-FU、ONE OKROCK、アルカラ、THE BACK HORN、BUMP OF CHICKEN、My Hair is Bad、パスピエ、ELLEGARDEN、Zebraheadなど、好きなジャンルがあれば何でもできる環境にあります。コピー中心ですが、オリジナルをすることも可能です。

ライブや演奏会について
— 部室で行う部室ライブや外部の会場を借りて行うライブを、年に10回程度行っています。各ライブは、2日間か3日間です。長くやっているバンドもありますが、多くの部員が複数のバンドを組んでいるので1度限りのライブなどもあり、様々です。

その他の主な年間行事について
— ライブ10回に加え、春はBBQ、夏はキャンプや花火、冬は卒業旅行など楽しい行事もたくさんあります。それらの行事において仲良くなった部員とバンドを組むことも多いです。

アピール・ポイントなど
— 大学に入ってからバンドを始めた人から、少しでも上のレベルを目指してバンドをしている人まで幅広くいます。中には、オリジナル曲を作って外部でライブを行っている人もいます。ライブのクオリティーや演出にもこだわっていて、音響機材を担当する機材班や照明を担当する照明班があります。アンプからPA卓、コンプ、スピーカー、ウーハー、LED照明、スモーク機材まで様々な機材が揃っており、ライブハウスと同様かそれ以上の環境でライブを行うことができます。3年生の機材長、照明班長を中心に、先輩から技術を受け継ぎ、各自で研究して新しい手法にも取り組んでいます。

今後の活動の目標や抱負について
— 「音楽を楽しみながら向上し、バンド活動を通して人間として成長する」という目標があります。


DATA ◼︎設立:1988年 ◼︎所属: 九州工業大学 飯塚キャンパス ◼︎部室:課外活動共用施設 ◼︎在籍人数: 100名 ◼︎ジャンル:邦ロック/洋楽など ◼︎楽曲:コピー中心 ◼︎編成:フリーバンド制

関連記事

ページ上部へ戻る