東京都軽音連の軌跡 第9回

高等学校における軽音楽活動の健全な向上発展と、加盟校が相互の親睦を図ることを目的に2007年の11月に発足。2009年には、東京都高等学校文化連盟に軽音楽部門として認可を受ける。現在、加盟校数は116校、所属部員数は約5,800名を数える大きな組織へと発展。生徒たちが演奏技術や芸術性を競うことはもとより、マナーやルールを守ること、親睦を深めることなど、学校教育の一環としての軽音楽活動の推進に主眼を置いている。活動内容、加盟校、沿革などは連盟公式ホームページに掲載。

http://www.tokyo-keion.com/


2回にわたって大会のレギュレーションについてお伝えしてきました。今回は、その最終回です。

シーケンサーなどについてのアンケート(前号参照)の回答に「部活動として音楽活動は個人単位では考えない方が良い。したがってシーケンサーによるカラオケはもちろん、弾き語りなどのソロでのエントリーも認めるべきではない」という意見がありました。また、「楽曲を競う大会を作る、などのカテゴライズが必要」という意見もありました。

これを受けて、ソロでのエントリーについて役員会で検討しました。確かに人と人とが関わることが部活動の意義の1つであり、民間の大会の中には2人以上のユニットで参加することを条件にしているものもあります。役員からも様々な意見が出ましたが、結論は「門戸を閉ざさない」という連盟の基本的な考えに則り、ソロも引き続き、認めることにしました。しかしながら、重複ルールのある夏の大会において、1人の生徒がバンドとソロの両方で決勝のステージに立つ、ということがしばしば見られます。決勝戦に関して言えば、「1人でも多くの生徒が参加できる」というコンセプトに逆行することになるので、この問題は重複ルールと併せて、今後も継続的に検討していくことになるでしょう。

大会のカテゴライズについては、たいへん良いアイデアだと思いましたが、発足当初から望まれていたコピーバンドに限定した大会も未だに開催できていません。大会を運営する役員は皆教員で、まずは校務、次に自校の部活、そして、連盟活動という優先順位があります。連盟活動の範囲を広げていきたいという志はあるものの、新たなものを生み出す余裕がないのが実際のところです。加盟校が増え、組織が大きくなってきた現在、この状況はさらに深刻になっています。

とはいえ、ここからは私見ですが、将来的には「コピーバンド大会」「弾き語り大会」をはじめ、「楽曲・アレンジ・詞を評価するオリジナル曲大会」、「打ち込み選手権」、「アカペラ大会」、「ボーカルコンテスト」などができると良いなと思っています。加盟校部員の多様なニーズに応えることができ、彼らのモチベーションも上がることと思いますが、実現するためには多くの方の力が必要になります。連盟活動に協力くださる顧問が増え、活動の幅が広がっていくことを期待しています。

さて、話が少し横道に逸れましたが、レギュレーションの話題の最後は夏の大会予選(音源審査)の応募音源についてです。応募規定に「一発録音、マルチ・トラック・レコーダー録音は問わない。ただし、同一演奏者によるオーバーダビングは禁止」と定め、ライブでそのまま再現できる作品であることを条件にしています。一方、審査の際に録音状態の良し悪しは問いません。第1回大会から現在まで、このルールに変更はありませんが、回を重ねるごとにそのクオリティーは大きく変化してきました。初期の頃は一発録りで、しかも、各パートの音がしっかりと聴き取れないなど、審査員泣かせのものも少なくありませんでした。また、演奏面においても自己満足の域を越えないバンドがいくつもありました。しかし、最近では演奏技術も録音状態も飛躍的に良くなり、楽曲としても素晴らしいものが目立ちます。今年度は178バンドのエントリーがありましたが、オリジナル曲の割合は85パーセントを超えていました。準決勝(スタジオライブ審査)に進めるのはわずか60バンドですので、ライブで力を発揮するバンドが生演奏をする前に落選してしまう、ということも出てきます。エントリー数の関係で予選をライブ審査にできない現実にジレンマを感じており、音源審査のあり方については今後も役員会で議論していくことになるでしょう。なお、神奈川県の夏の大会には毎年、二百数十バンドのエントリーがありますが、予選はすべてライブ審査です。4日間にわたって、のべ十数会場で予選を行っている役員の先生方の熱意には脱帽です。

最後に、応募音源のメディアについてご紹介します。2008年に開催した第1回大会で受け付けたメディアはCD-R(Audio)とMD(SPモード)でした。当時はMDでの応募が相当数ありましたが、その後、デジタル機器の進化に伴い、応募のほとんどがCD-Rになったため、2014年からはCD-Rのみとしました。思い起こせば、連盟の発足に先駆けて開催した2007年の南関東大会の東京都予選ではカセットテープでのエントリーも認めていました。応募音源に関するレギュレーションからも時代の推移を見て取ることができます。

 次回は企業などとの関わりについてです。

2010年の夏の大会。本校のピアノ&ボーカルがバンドと弾き語りの両方で決勝大会に進出した。掛け持ちのルールやソロでのエントリーの是非は当時から話題になっていた


東京都高等学校軽音楽連盟 委員長 成女高等学校 LM-CLUB顧問

佐々木弘人

連盟の設立に携わり、現在委員長を務める。LM-CLUB(軽音楽部)では、すべてのパートの指導にあたり、作詞・作曲・アレンジ・音楽理論も教える。部の公式HPには活動の様子や大会での成績が掲載されているほか、200曲近くにのぼる歴代のオリジナル曲が紹介され、一部試聴もできる。http://lm-club.com/

関連記事

  1. 東京都軽音連の軌跡 第1回

  2. 東京都軽音連の軌跡 第17回

  3. 東京都軽音連の軌跡 第18回

  4. 東京都軽音連の軌跡 第19回

  5. 東京都軽音連の軌跡 第4回

  6. 東京都軽音連の軌跡 第8回