東京都軽音連の軌跡 第7回

高等学校における軽音楽活動の健全な向上発展と、加盟校が相互の親睦を図ることを目的に2007年の11月に発足。2009年には、東京都高等学校文化連盟に軽音楽部門として認可を受ける。現在、加盟校数は116校、所属部員数は約5,800名を数える大きな組織へと発展。生徒たちが演奏技術や芸術性を競うことはもとより、マナーやルールを守ること、親睦を深めることなど、学校教育の一環としての軽音楽活動の推進に主眼を置いている。活動内容、加盟校、沿革などは連盟公式ホームページに掲載。

http://www.tokyo-keion.com/


今回は、連盟主催の大会のレギュレーションについてです。連載の第3回目でもご紹介しましたが、我々は「生徒が目標にできる大会」、「教育的見地に立った大会」、「軽音楽活動の裾野を広げられるような大会」というコンセプトで大会を運営しています。2008年に開催した第1回大会のレギュレーションは、まさにそのコンセプトに則って作られました。その後、必要に応じて細かな見直しを行ってきましたが、基本的な部分は現在も変わっていません。今回は都の大会のレギュレーションに関して、特に議論に時間をかけた点をいくつかご紹介いたします。

まずは曲数と演奏時間、課題曲の有無、コピーとオリジナルの位置づけなどについてです。第1回大会に向けて話し合いを重ねる中で様々な意見が出ましたが、運営の観点から曲数は1曲とし、コピーとオリジナルについては、神奈川県の大会や南関東大会に倣って同じ土俵で競わせることになりました。持ち時間は多様な音楽を受け入れられるよう、やや長めの6分に設定し、メドレーも1曲として認めることにしました。その後、エントリー数が飛躍的に増えたことと、上位大会(当時の関東大会)に合わせるために5分に変更しましたが、このわずか1分の短縮が音楽的に大きな影響を与えたと振り返っています。持ち時間だけが原因ではありませんが、変更を行った第5回大会以降、エントリー曲はどれもコンパクトにまとまり、多様性も薄れていっているように感じるからです。

次に、審査基準についてです。バンドのどこに重きを置いて評価するのか、そして、具体的にどのような審査用紙にするのかについては、たいへん悩ましい問題でした。評価項目は「演奏がうまい」「曲や詞が良い」「伝わってくるものがある」「まとまっている」「個性的だ」「高校生らしい」「将来性がある」などと挙げきれないほど、多岐にわたります。また、コピーとオリジナルを同じ土俵で審査することには、そもそも無理があります。議論の末に絞り出したのが、別表の評価項目です。これがベストであるとは考えていませんが、変更することなく現在に至っており、加盟校の間にも定着しています。細かな事項については、会場や対応者によって違いが出ないようにマニュアルを作り、事前に審査員の先生方にご説明することにしています。その際、「バンドの「将来性」ではなく、「現時点での出来」を評価してください。また、講評では「プロになるために必要なこと」などではなく、「教育的な観点」に立ったコメントをお願いします」とお伝えしています。

続いて、議論に多くの時間を割いたのがステージ上での、いわゆる「見た目」や音の「聴こえ方」についてです。神奈川県の連盟では「衣装や照明、パフォーマンスなど、音楽以外の要素が審査結果を左右するのは好ましくない」というコンセプトで大会が運営されています。また、音響についても「(例えば、ドラムなどで)きちんと出せていない音をPAの力でよく聴こえるようにするのはコンテストの趣旨から外れる」という考えがあります。東京の役員会でも「そうしたコンセプトのもとで大会を行うべき」という意見がありましたが、「生徒が目標にできる大会」を開催するという趣旨から、教育的な側面以外の規制はせず、極力素晴らしい環境を提供しよう、という方向にまとまりました。ステージ衣装を認めるだけでなく、生徒たちが「あのステージに立ちたい!」と思える大会になるよう、照明や音響においても大人(スタッフ)たちが全力で協力するのが東京のスタイルです。もちろん「演奏後の閉会式までには全員制服に戻す」という教育的な指導も第1回大会から続いています。

そのほか、メンバーの掛け持ちや弾き語りなどのソロでのエントリー、打ち込みやカラオケのような演奏などについて、議論が尽きませんでした。続きは次号でご紹介いたします。

夏の大会決勝のステージ。生徒たちに最高の環境を提供できるように音響だけでなく、照明にも力を入れている

ライブ審査における評価項目(審査用紙から抜粋)。数字はあくまでも相対的な参考点であり、高いものを機械的に選出するというものではない。審査員の先生方には、評価に加えてアドバイスも書いていただき、生徒にフィードバックしている。この評価項目は夏の全国大会でも採用されている


東京都高等学校軽音楽連盟 委員長 成女高等学校 LM-CLUB顧問

佐々木弘人

連盟の設立に携わり、現在委員長を務める。LM-CLUB(軽音楽部)では、すべてのパートの指導にあたり、作詞・作曲・アレンジ・音楽理論も教える。部の公式HPには活動の様子や大会での成績が掲載されているほか、200曲近くにのぼる歴代のオリジナル曲が紹介され、一部試聴もできる。http://lm-club.com/

関連記事

  1. 東京都軽音連の軌跡 第17回

  2. 東京都軽音連の軌跡 第11回

  3. 東京都軽音連の軌跡 第10回

  4. 東京都軽音連の軌跡 第12回

  5. 東京都軽音連の軌跡 第19回

  6. 東京都軽音連の軌跡 第9回