東京都軽音連の軌跡 第6回

高等学校における軽音楽活動の健全な向上発展と、加盟校が相互の親睦を図ることを目的に2007年の11月に発足。2009年には、東京都高等学校文化連盟に軽音楽部門として認可を受ける。現在、加盟校数は116校、所属部員数は約5,800名を数える大きな組織へと発展。生徒たちが演奏技術や芸術性を競うことはもとより、マナーやルールを守ること、親睦を深めることなど、学校教育の一環としての軽音楽活動の推進に主眼を置いている。活動内容、加盟校、沿革などは連盟公式ホームページに掲載。

http://www.tokyo-keion.com/


前号では、初年度より連盟が主催して行ってきた顧問対象の指導者技術講習会について書きました。今回は前号でご紹介できなかった「オリジナル曲制作講座」についてお伝えします。

この講習会は、複数の顧問の先生にパネリストになっていただき、「生徒さんはどのように曲を作っていますか?」「先生はどのように指導されていますか?」などの質問に答えていただく形で進めました。作詞・作曲を現役で行っている顧問、バンド経験のある顧問、軽音楽はまったくの素人という顧問など、バックグラウンドが異なる先生方が様々な角度から話をしてくださいました。

まず最初のコーナーでは、部内のオリジナルとコピー曲の比、オリジナル曲制作における指導やきっかけ作り、具体的な作り方や作らせ方、夏の大会曲のレコーディング方法、部のCDを制作しているか、などについてお聞きしました。同じ軽音楽部でも、学校によって活動内容が大きく異なっていることがわかり、皆、たいへん熱心に聞き入っていました。

次に、やや専門的な内容に入り、メロディーとコードの関係を扱いました。別表をご覧ください。1つのメロディーを提示し、考えられるコードについて議論し、実際に響きを確かめました。また、パネリストの皆さんに「あなたらなら、どう付けますか?」「おたくの生徒さんだったら、どうすると思いますか?」のような質問をしました。「うちの生徒だったら、ミで始まったら、迷わずEmを付ける」(笑)など、様々な回答に話が弾みました。私自身も生徒を指導している際、調性の音楽に囚われない感覚に、はっとさせられることが何度もありましたが、この日の講習でも、とても多くの発見がありました。

その他、曲の作り方として、詞先・曲先・同時進行・コードからなどのパターンを紹介したり、ダイアトニックコードを基本とした調性音楽的手法、部分転調、ドミナントモーション、代理コードなどについても扱いました。あまり難しい内容にならないように気を付けたつもりでしたが、直接の指導をされない顧問の先生方には、この部分は蛇足だったかもしれないと反省しました。

ところで、都大会のエントリー曲におけるオリジナルの数は、初年度は半数以下でしたが、その割合は年々上がり続け、今やオリジナルが占める割合は9割近くに達しています。これは恐らく他県では見られない数字だと思いますが、この講習会が行われた当時の資料を振り返ると、「ウチの生徒が初めてオリジナルを作ったんですよ」とか「2年前にようやく曲を作るようになって」などの話題が記録されていました。オリジナル曲を作る文化は連盟の発展と共に、加盟校の間に広く浸透していったと言えるでしょう。また、今でこそ自分たちでレコーディングをして、部のオリジナルCDを作る学校が増えてきましたが、当時、その取り組みをしている学校はごく一部でした。連盟活動の成果がこれらの点においても、顕著に表れていることを感じ、嬉しく思っています。

加盟校生徒のレベルアップの背景には、このような講習会に参加し、自ら軽音楽や部活動運営について学び、生徒にフィードバックしていった先生方の並々ならぬ努力があると言えます。そして、その先生方が自校の部をまとめ上げ、他の学校にもそのノウハウを伝えていくことによって、連盟の裾野は広がっているのです。

以上のように、ギター・アンプの回から始まった一連の指導者講習会は一定の成果を上げましたが、発足から3年目の年度が終了する時点で、ひとまず役割を終えたと判断しました。顧問の先生方が横のつながりを作り、個別に教え、教わる機会を得るようになったこともあり、以降、連盟主催の指導者講習会は行っていません。現在は対象を生徒に移し、専門学校などに「生徒対象技術講習会」を開催いただき、連盟はその後援をしています。

指導者講習会(オリジナル曲制作講座)の様子

講習会テキストより抜粋。「このメロディーにどんなコードを付けますか(生徒さんでしたら、どうすると思いますか)?」という質問に対して、パネリストから様々な意見が出た


東京都高等学校軽音楽連盟 委員長 成女高等学校 LM-CLUB顧問

佐々木弘人

連盟の設立に携わり、現在委員長を務める。LM-CLUB(軽音楽部)では、すべてのパートの指導にあたり、作詞・作曲・アレンジ・音楽理論も教える。部の公式HPには活動の様子や大会での成績が掲載されているほか、200曲近くにのぼる歴代のオリジナル曲が紹介され、一部試聴もできる。http://lm-club.com/

関連記事

  1. 東京都軽音連の軌跡 第4回

  2. 東京都軽音連の軌跡 第13回

  3. 東京都軽音連の軌跡 第17回

  4. 東京都軽音連の軌跡 第8回

  5. 東京都軽音連の軌跡 第11回

  6. 東京都軽音連の軌跡 第7回