東京都軽音連の軌跡 第2回

高等学校における軽音楽活動の健全な向上発展と、加盟校が相互の親睦を図ることを目的に2007年の11月に発足。2009年には、東京都高等学校文化連盟に軽音楽部門として認可を受ける。現在、加盟校数は116校、所属部員数は約5,800名を数える大きな組織へと発展。生徒たちが演奏技術や芸術性を競うことはもとより、マナーやルールを守ること、親睦を深めることなど、学校教育の一環としての軽音楽活動の推進に主眼を置いている。活動内容、加盟校、沿革などは連盟公式ホームページに掲載。

http://www.tokyo-keion.com/


前号では連盟発足までの経緯をご紹介し、第一歩を踏み出すには、顧問同士がつながりを持つことと、先行している他県の協力が欠かせないことをお伝えしました。今回は「発足説明会」から「発足記念ライブ」までを振り返ってみたいと思います。

有志の先生方が初めて顔を合わせた日から約1年が経過した2007年11月に、「東京都高等学校軽音楽連盟発足説明会」を開催し、正式に連盟がスタートしました。この間に行った会議は「意見交換会」と「連盟立ち上げのための会議」を合わせて7回、中心メンバーが個別に分担して行った小さな打ち合わせ会も含めると十数回に上ります。

この発足説明会には、我々が軽音楽部の活動状況を把握していた70数校のうち、19校が出席し、連盟活動の趣旨・事業内容の説明、会長・役員の選出(承認)、規約の承認、加盟費・加盟登録についての説明、加盟校アンケートなどを行いました。右下の囲みは発足説明会で配布した資料の抜粋で、この内容は、現在の総会資料に記載されていることとほとんど変わりありません。また、「めざす組織」の4.にある「東京都高等学校文化連盟軽音楽部門設立」については2009年に達成し、「事業内容」の8.にある「南関東大会東京予選の主催(ゆくゆくは全国大会まで)」は現在、東京と神奈川の連盟が主催している全国大会の形で実現しています。

これらを考えると、当時有志で集まった先生方が、周到に準備をして連盟を立ち上げ、毎年そのコンセプトを着実に継承してきたことがわかります。会議では時間を惜しむことなく徹底的に議論を重ね、実務においては1人1人が得意な分野で力を発揮しました。音楽の専門知識をお持ちの方やイベントの運営方法に精通している方、法律に詳しい方、コンピューターやネットワークの専門家、音響や楽器のスペシャリスト、他の連盟組織のノウハウをお持ちの方などが、本業である指導教科の専門性も生かしながら、協力してこの組織を作り上げたのです。

発足して4か月が経った2008年3月28〜29日の2日間、連盟が初めて主催する「発足記念ライブコンサート」を、初代会長校、朋優学院高等学校の視聴覚ホールをお借りして行いました。この時点で加盟校は48校に増え、ライブには42校が参加しました。このライブの目的は、各校の紹介(お披露目)を兼ねて、学校同士、顧問同士が横のつながりを持つことです。企画から運営まですべて先生たちだけの力で行い、この目的に相応しい、互いの演奏を称え合うアットホームなライブになりました。参加した顧問の先生方は各バンドにコメントを書いて渡し、生徒たちはそのメッセージに一喜一憂しながらも、他校と交流することの意義を感じていました。

役員にとっては、公式大会開催に向けての良き実践の場となりました。例えば、コンテストの審査基準について、コピー曲とオリジナル曲の評価法をどうするか、ソロの弾き語りや打ち込みを併用した演奏はどうかなど、考えなければならないことが具体的にみえてきました。また現在、加盟校の間では合同ライブがすっかり定着していますが、自校で開催する合同ライブのノウハウを、このライブの運営から吸収した顧問も少なくありません。このように「発足記念ライブ」は最も多くの参加校が一堂に会した、記念すべき合同ライブであったとも言えるのです。

連盟役員がこれからの活動に確かな手応えを感じ、チームの結束力を深めたこのライブの3日後、いよいよ年間活動がスタートする2008年度を迎えます。続きはまた次号で…。

連盟発足説明会資料(2007年11月)〜

■連盟の設立趣旨

本連盟は、東京都高等学校における軽音楽活動の健全な向上発展と相互の親睦をはかることを目的とする。(連盟規約より)

■めざす組織

1. 各校の軽音楽系クラブの活動が、より教育的な活動となるための組織

2. 各校の活動状況などを共有し、レベルの向上や裾野を広げていくことのできる組織

3. 各加盟校の意見が広く反映される開かれた組織

4. 東京都高等学校文化連盟軽音楽部門設立をめざす組織

■事業内容(活動予定)

1. 生徒が目標にできる連盟主催の公式大会(コンテスト)の実施

2. 多くの部員が出場できる、軽音楽の裾野を広げられるような大会の実施

3. 生徒や顧問を対象にした技術講習会の開催

4. プロのミュージシャンや音楽現場で活躍している人による講演会(講習会)の開催

5. 横のつながりを持てるような合同ライブの実施

6. 意見交換会の継続

7. 学校間での情報の共有

8. 南関東大会東京予選の主催(ゆくゆくは全国大会まで)

「発足記念ライブ」が開催された朋優学院高等学校の視聴覚ホール。先生たちによる手づくりの初ライブは大成功をおさめた


東京都高等学校軽音楽連盟 委員長 成女高等学校 LM-CLUB顧問

佐々木弘人

連盟の設立に携わり、現在委員長を務める。LM-CLUB(軽音楽部)では、すべてのパートの指導にあたり、作詞・作曲・アレンジ・音楽理論も教える。部の公式HPには活動の様子や大会での成績が掲載されているほか、200曲近くにのぼる歴代のオリジナル曲が紹介され、一部試聴もできる。http://lm-club.com/

関連記事

  1. 東京都軽音連の軌跡 第9回

  2. 東京都軽音連の軌跡 第1回

  3. 東京都軽音連の軌跡 第11回

  4. 東京都軽音連の軌跡 第12回

  5. 東京都軽音連の軌跡 第5回

  6. 東京都軽音連の軌跡 第15回