顧問はかく語りき – 神奈川県立弥栄高等学校 軽音楽部顧問 橘 秀樹先生

全国学校軽音楽部協会の理事長と、全国各地の軽音楽部の顧問とが自校の現状や軽音楽部の将来について徒然なるまま、熱く語る。

今年度の全国高等学校軽音楽コンテスト(全国大会)において、見事グランプリに輝いたQUALCIC+TETRA(カルシックテトラ)が在籍する(現在は引退しています)、神奈川県立弥栄高等学校で軽音楽部の顧問をされている橘先生は今年度から神奈川県高等学校文化連盟軽音楽専門部会の委員長と、神奈川県高等学校軽音楽連盟の委員長を兼任されています。ご多忙の中、一軽音楽部顧問としての指導方法や考え方などをお聞きしました。

自分でハードルを高くすること

— 軽音楽部という「部活動」に必要なことは何だとお考えですか?

▶︎軽音楽部で求められるのはコミュニケーション能力です。バンド内で意見をまとめる力ですね。少人数でバンドをやっていくと責任感も生まれてきます。また、他の部活動との違いは「オリジナリティー」です。コピーもしなければうまくならないのでやらせていますが、「合同ライブなどで自分たちの作った曲にアドバイスがもらえて、誰かが鼻歌でも歌ってくれたら嬉しくないかい?」と言っています。そういった発表の場を少しでも多く作ってあげることが顧問の仕事だと思います。

— 部活動として実践されていることは?

︎活動の始めと終わりにミーティングを行っていて、「始めのミーティングにいなかった部員は今日はいなかったことにする」というルールにしています。まずはそうやって部活動に出るのを前提にすることが大事です。軽音楽部はやっていくうちに面白くなっていく部活動なので、どんどんハマっていきます。で、ハマってきたら厳しくする…という流れですね。いい加減にやっている生徒に「もう来なくて良いよ」と言っても大丈夫なくらい、最初にハマらせちゃうことです。

— 軌道に乗るまでは大変ですね…

▶︎自分のカラーに染めるまでに、大体3年はかかります。この学校は4年かかりました。部活動としてきちんとやっている部員はどんどんうまくなっていくので、勝手にやっている生徒は減っていきます。あとは、やはり挨拶でしょうか。明らかに軽音楽部の関係者だなっていう大人に会っても挨拶しないのはいけませんね。

— 部活動は「生徒指導」ですからね

▶部活動は、全校生徒から集めたお金をもらっているので、自分の好きにやって良い場所ではありません。それなりに制約や決まりが付いてくるのは当たり前です。ピアスを開けたり、髪の毛を染めたりしたいなら、軽音楽部じゃないところでやってくれ、ということです。

バンドやってるからと言わせるな

— ライブハウスや民間イベントに出ることは?

▶︎特に禁止はしていませんが、ライブがあるから欠席するとか早退するとか、「普段の生活に影響を及ぼすな」と言っています。もちろん、翌日休むなんてのもダメです。そのあたりは各学校や顧問の判断だと思います。軽音楽部ならたくさんの人の前で演奏できるし、アドバイスももらえるぞ、ということは話していますし、チケットを売りつける行為やSNSに勝手に他人の写真や楽曲をアップすることは禁止しています。完全なアウェーで演奏することも経験ですが、無断で「弥栄高校軽音楽部」を名乗るな、というのは入部時の条件でもあります。名前が出る時は私が必ず引率をしますし、民間のイベントに出たい時は私を通せ、と言っています。

— 軽音楽部は今後どのような方向に進むべきだとお考えでしょうか?

▶︎生徒が胸をはって「軽音楽部です」と言える部活動にしたいですね。高文連の中でもまだ一段低く見られているのを感じるくらいなので、生徒には「バンドなんかやってるから成績が悪い、なんて保護者に絶対に言わせるな!」と言っています(笑)。遅刻しない、休まない、赤点を取らない…は基本です。それに、全国大会が47都道府県から1バンドずつ出てくるような大会にしたいですね。学校同士の横のつながりがどんどん広がって、遠征などもたくさんできると良いですね。時間はかかると思いますが、神奈川県は若い先生たちにも頑張っていただけているので、まずは連盟の加盟校を増やすということから大事にやっていきたいと思います。

しっかりとした「軽音楽部」像からくるお話は力強く、明快

関連記事

  1. 顧問はかく語りき – 名古屋経済大学市邨中学校・…

  2. 顧問はかく語りき – 千葉英和高等学校 軽音楽部…

  3. 顧問はかく語りき – 埼玉平成高等学校 軽音楽部…

  4. 顧問はかく語りき – 国際学院高等学校 軽音楽部…

  5. 顧問はかく語りき – 静岡県立静岡西高等学校 音…

  6. 校長はかく語りき – 神奈川県立柏陽高等学校 校…