サイレント・スタジオ体験会@神奈川県立鶴嶺高等学校

11月2日、神奈川県立鶴嶺高等学校 軽音楽部さんにお招きいただき、当協会が提案する軽音楽部の騒音問題を解決する練習システム「サイレント・スタジオ」の体験会とバンド・クリニックを実施しました。

開会式を行い、1日のスケジュールを確認すると、早速、第1部の座学からスタート。軽音楽部員としての心構えやアンサンブルが良くなるためのコツなどをお話ししました。

昼食休憩を挟み、午後の部ではプロジェクターを用いながら、サイレント・スタジオの概要やメリット、基本的な使い方をレクチャー。併せて、個人練習にもバンド練習にも使える、豊富な機能が満載のマルチ・エフェクター「ZOOM / G1FOUR、B1 FOUR」も紹介しました。

プレゼンテーションが終わると、1バンドずつサイレント・スタジオを体験。各バンドがワンコーラスを演奏したほか、メトロノームを流しながら演奏したり、演奏を録音し、プレイバックを確認するなど、9バンドが数々の機能を試しました。

実際に体験してみると、耳元でバンドメンバーの音がクリアに聴こえる様子に驚く部員が多く、「とても演奏しやすい」という感想が飛び交いました。また、メトロノームを流しながら演奏できるので、テンポキープの練習になったり、普段の練習を気軽に録音し、簡単に聴き返すことができるなど、サイレント・スタジオならではの利点も体験しました。

また、顧問の先生や次にサイレント・スタジオの体験を控えているメンバーは分配器を経由して、試奏中のバンドの演奏を鑑賞。クリアな音質や聴きやすい音量バランスを体験したほか、途中でヘッドフォンを取り外し、外に漏れているのは「ボーカルの地声のみ」という、普段の爆音でのバンド練習時との音量差を感じていただきました。

さらに、同じ時間帯にバンド・クリニックを実施し、各バンドの演奏後に講評や今後につながるアドバイスを伝えました。

当協会ではサイレント・スタジオ体験会の実施希望校を募集しています。まずはお気軽にお問い合わせください。

サイレント・スタジオ

関連記事

  1. FMまいづるにラジオ出演しました

  2. 練習からライブまで、あると便利なマルチ・エフェクターを紹介し…

  3. FM京都にラジオ出演しました

  4. 舞鶴市の仲井議員と意見交換をしました

  5. 全国学校軽音楽部協会設立1周年記念 高等学校軽音楽部 顧問集…

  6. 近畿北陸大会が新聞に掲載されました