第3回 「チョーキング」を極めよう!

「チョーキング」は、フレーズに組み込むことで躍動感を与え、表情にバリエーションをつけることができる、ギターならではの奏法です。フレーズを生かすも殺すもチョーキング次第!ギターをよりかっこ良く弾くためにも、自在にチョーキングが扱えるようになることを目指しましょう。(文・岩尾 徹)

STEP1   チョーキングをスムーズに行うコツ

チョーキングとは、弦を指で押し上げたりして音程を変化させるテクニックです。初心者にとっては少し難しく感じるかもしれませんし、握力がない人にとっては苦手な奏法の1つかもしれません。しかし、チョーキングはちょっとしたツボを押さえれば、必ずスムーズにできるようになります。

チョーキングの基本動作

チョーキングは「弦を引っ張る」動作なので、何も考えずに行うとそれなりに力が必要となります。力が入るということは「力む」ということにつながるので、演奏上あまり良いことではありません。チョーキングはいかに力を使わずに行うかが大事なのです。

まずは、チョーキングをする時のネックを握るフォームにポイントがあります。親指をネックの上部に軽く引っ掛けるイメージで握り(写真1)、残りの指を指板に軽く添えてみてください。ネックの下部に人差し指の付け根あたりが触れると思うので、そこを支点として親指の位置はそのままの状態で手首を動かします(写真2)。これがチョーキングの基本動作となります。例えとして「ドアノブを握って回す動作」をイメージすると良いとも言われるように、指で弦を引き上げるのではなく、指はなるべくそのままの状態で、「手首」でチョーキングするようにします。

写真1 親指は軽くネックに引っ掛ける感じ

写真2 ◯印の部分を支点にして、指はあまり動かさず手首を動かすように

また、人差し指でチョーキングする場合を除いては、押さえる指は1本ではなく必ず2本以上を添えて行うことが大事です(写真3)。一連の動作をスムーズに行うには慣れが必要なので、一度にマスターしようとはせず「日頃から意識して弾く」くらいの気持ちで続けていきましょう。

写真3 指と指との間隔が離れないように注意

ピッチ(音程)を意識する

チョーキングを手の感覚だけで行ってはいけません。ギターはメーカーによってスケールが違います。スケールとはナットからブリッジまでの長さのことです。「長さが違う」ということは「弦のテンション(張力)が違う」ということになります。手の感覚だけでチョーキングをしてしまうと、弦のテンションが変わった時に対応できず、ピッチが高くなったり低くなったりして安定しません。また、弦のゲージ(太さ)が変わっても同様なことが起きます。

日頃から、チョーキングして出した音程を耳で確かめるようにしましょう。例えば、2弦15フレットのDの音(レ)を、1音チョーキングするとEの音(ミ)になります。この時、2弦17フレットのEの音を弾いてみて、音程が一致していればOKです。

 

STEP 2   チョーキングのバリエーションを覚えよう

チョーキングは、ただ弦を引っ張って音程を上げるものではありません。「弦を引っ張り上げ、そして下げる(戻す)」という過程を意識して工夫することで、フレーズに様々な表情をつけられるようになります。

「速さ」をコントロールする

チョーキングで弦を上げる時間をコントロールすることによって、音を出した時の聴こえ方が変わります。例えば、Eの音(ミ)を出すために3弦7フレットのDの音(レ)を1音チョーキングした場合、上げるスピードをコントロールすることによって、譜例1のように聴こえ方が変化します。ゆっくり上げることはできると思うので、まずはできる限り「素早く上げる」ことを目標として練習していきましょう。

譜例1 チョーキングの上げるスピードを変える

ある程度、素早く弦を上げられるようになったら、メトロノームを使って練習していきましょう。テンポはゆっくりで構わないので、メトロノームの一定のリズムがある中で、チョーキングをした過程が音符として表記できるぐらい、しっかりとコントロールしてみてください。力ずくで上げたり指だけで上げたりすると、素早く上げるのはもちろんのこと、スピードをコントロールすることは難しくなります。STEP1で練習したように、手首を使って手全体で上げるようにしましょう。

チョーキングを「ミュート」する

チョーキングして弦を上げ下げする時の音をミュートすることによって、さらに表情豊かなフレーズになります。「ミュート」とは音を出さないようにすることで、今回の場合はピックで弦に軽く触れると良いでしょう。譜例2のようにミュートしないでチョーキングを行う原形から、下げる時の音をミュートした場合(譜例2の例1)、上げる時の音をミュートした場合(譜例2の例2)と、同じ音をチョーキングしてもミュートをするだけで聴こえてくるフレーズは大きく変化します。

囲み枠a譜例2 ミュートの仕方でフレーズが変わる

楽曲のフレーズをコピーする時、チョーキングをどのように処理しているのかをよく聴いて、それを忠実に守って弾いていくことで、ミュートするタイミングや自分なりのやりやすい方法が見つかるでしょう。

「チョーキング」と「ベンディング」

バンド・スコアなどで、チョーキングの動作を「ベンディング(bending、bend)」と表記されているのを見たことはありませんか。実は、チョーキングという表記は日本独特のものなのです。英語圏では、「弦を曲げる」という意味からベンディングと呼ばれています。確かにチョーキングのチョークは「締める」という意味なので、行っている動作と何も関連性がないですよね。日本でなぜそう呼ばれるようになったのかはっきりとはわかりませんが、同じ意味なので迷わないように注意してください。

チョーキングの楽譜での表記方法も、「Cho.」「C」、「D」(チョーキング・ダウン)、「H.C.」(ハーフ・チョーキング)…など、いろいろな書き方があります。音符で音程を確認したり、実際に原曲を聴いて耳でも判断するようにしましょう。

▲英語圏では、弦を「曲げる」と言う

関連記事

ページ上部へ戻る