音痴気味なのですが、音痴を治す練習方法はありますか

このコーナーでは、バンドのアンサンブルをはじめ、ボーカルやギター、ベース、ドラムなど、デジレコ・バンド・クリニックの講義の中で高校生の軽音楽部員から質問されることが多い「疑問」を取り上げ、誌面上で解説していきます。ぜひ参考にして、これからの練習に役立ててください。(2016/2/DiGiRECO.JR VOL.10 掲載) 協力:専門学校ESPミュージカルアカデミー

Q:音痴気味なのですが、音痴を治す練習方法はありますか

A:ミュージシャン科講師 藤本 朗先生

いわゆる「音痴」には、大きく分けて2種類あると思います。歌っていて「音が外れていることがわかっている場合」「音が外れているとこがわからない場合」です。すなわち、自覚症状があるかないかで改善方法は変わるわけですが、質問者の方は前者のようですので、「共鳴」を鍛えることと、楽器やオケの聴き方を変えることで解決できます。

先ず口腔内での、声を当てるべきところ(硬口蓋など)に適度に当て、しっかり響きを作ること。その響きを、頭がい骨の骨伝導などを利用して、身体の内側から聴く。そして、それを実際に外から聴こえる自分の声と足す意識を持ち、さらにバンドやオケのギターやキーボードなどコード(和音)を奏でていて、音程を聴き取りやすい楽器の音と頭の中で混ぜて聴くようにして、楽器の音程に対する自分の音程を意識することで、音程の狂いを察知しやすくなります。

また、音程をコントロールするスケール・トレーニングも必須です。まずキーボードなどの音程が正確な楽器を使って「ドレミファソファミレド〜」などを弾きながら、「マ〜マ〜マ〜・・・」と音を追っていく練習を行い、「音程を上げる時には、思う音の少し上を狙う」「下げる時には、少し下を」を心がけることによって、高音域のフラット、低音域のシャープを防ぐこともできます。  正しい発声の練習とともに、音がずれているかどうかの判断ができるように耳もしっかり鍛えましょう。上記の練習をする時に、スマホなどで録音して聴き返してみると上達が早いと思いますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る