縦を揃えるように…と注意されますが、どういうところに注意すればよいですか

このコーナーでは、バンドのアンサンブルをはじめ、ボーカルやギター、ベース、ドラムなど、デジレコ・バンド・クリニックの講義の中で高校生の軽音楽部員から質問されることが多い「疑問」を取り上げ、誌面上で解説していきます。ぜひ参考にして、これからの練習に役立ててください。(2016/2/DiGiRECO.JR VOL.10 掲載) 協力:専門学校ESPミュージカルアカデミー

Q:縦を揃えるように…と注意されますが、どういうところに注意すればよいですか

A:ミュージシャン科講師 飯田直人先生

「縦を揃える」とは、簡単に言ってしまえばリズムを合わせることです。バンド演奏では複数の楽器の音が重なり合います。この重なった各パートの音を発音するタイミングがズレていると、しっかり演奏したはずの音がぼやけて聴こえたり、ボーカルが聴こえにくくなったりします。そうならないためにも、しっかりリズムトレーニング=縦を合わせる意識を持ちましょう。

バンドで縦を揃えるために絶対に必要なのは、まず自分1人でリズムコントロールができるかどうかです。メンバー全員が、メトロノームを使って各自で合わせる練習をしてくる。その練習の成果を持ち寄って音を重ねる。これを繰り返すのが縦を合わせるために必要な練習です。実際のバンド練習の時は、ドラムのキックとスネアをメトロノームだと思って、しっかりと聴いて合わせましょう。また、自分のパートをやりながら他の音を聴けるかどうかも重要です。他の音が聴けなければ合わせようがないからです。以外に無意識だと、他のパートを聴いているようで自分の音ばかりに意識がいってしまいがちです。まずは、ドラムのキックとスネアを聴きながらプレイすることに慣れましょう。耳で聴いて合わせるのはもちろんですが、リズムに合わせて足を動かしたり、首を動かしたりすると、それを見ることによってもリズムを合わせることができます。二重で意識すれば、より縦が合いやすくなるでしょう。

縦を合わせるのは簡単ではありません。メトロノームに合わせることができても、バンドでやるとメンバーは機械じゃないのでズレるのは当たり前です。まずは、合わせようと意識するのが1番大切です。さあ!次からバンド練習する前に、縦を意識しようとメンバーにひと声かけてからプレイするようにしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

ページ上部へ戻る