弦の交換時期ってどうやって知るんですか

このコーナーでは、バンドのアンサンブルをはじめ、ボーカルやギター、ベース、ドラムなど、デジレコ・バンド・クリニックの講義の中で高校生の軽音楽部員から質問されることが多い「疑問」を取り上げ、誌面上で解説していきます。ぜひ参考にして、これからの練習に役立ててください。(2015/12/DiGiRECO.JR VOL.9 掲載) 協力:専門学校ESPミュージカルアカデミー

Q:弦の交換時期ってどうやって知るんですか

A:ギタークラフト科教務 長谷川英律先生

良い質問ですね!エレキギター/ベースの弦はほとんど鉄でできているので時間が経つと酸化してしまいます。交換時期は1日の演奏時間や手汗の量などの体質にもよるので一概に「何日です!」とは言い切れません。

見た目からの判断では、パッケージから出したばかりの新品の弦は恐らく銀色に輝いていますが、しばらく経つと白っぽく曇ってきて最終的には黒い錆が目立つようになります。手触りでは新品時はツルツルだったものが、表面が荒れるにしたがってザラザラとした感触に、そして音質的にはきらびやかな音だったものが、高音成分が減ってモコモコとした音質に変化します。

以上の『見た目』『手触り(演奏性)』『音質』を判断基準として演奏していて『気持ちが悪くなったら』交換時期だと言えます。ただ、楽器を始めて間もない頃はどれも分かりにくいですよね。けれどもギター/ベースはれっきとした『弦楽器』です。音の発生源である弦を粗末に扱うと、音程は不安定になり、演奏性も悪くなり、指も痛くなるので上達を阻害しかねません。

楽器屋さんや周囲の上級者、お財布と相談して出来るだけ楽器の弦にも少し気を使いましょう。弦は音の発生源です。

関連記事

ページ上部へ戻る