スティックの持ち方を教えてください

このコーナーでは、バンドのアンサンブルをはじめ、ボーカルやギター、ベース、ドラムなど、デジレコ・バンド・クリニックの講義の中で高校生の軽音楽部員から質問されることが多い「疑問」を取り上げ、誌面上で解説していきます。ぜひ参考にして、これからの練習に役立ててください。(2015/12/DiGiRECO.JR VOL.9 掲載) 協力:専門学校ESPミュージカルアカデミー

Q:スティックの持ち方を教えてください

A:ミュージシャン科講師 滝沢光一先生

僕の知る限りスティックの持ち方には大きく分けて2種類の持ち方があります。

1つ目は左右で持ち方が異なる『レギュラー・グリップ』と左右対称の『マッチド・グリップ』に分けられます。また、マッチド・グリップをさらに細かく分けると、『フレンチ・グリップ』、『ジャーマン・グリップ』、『アメリカン・グリップ』に分けられます。ただ、これらの持ち方はあくまでセオリーであってドラムセットを演奏する上では状況に応じてすべての持ち方を使い分けて演奏しているというのが実際です。更には身体的な理由から100人ドラマーがいれば100通りの持ち方があって当たり前なのも事実です。

このような理由からドラムを一から始める人にお勧めしている持ち方で、僕が勝手に命名したのが「シェイクハンドグリップ」です。この持ち方はスティックと軽く握手をするように手のひら全体で包み込むように持つ方法で、手の大きさの違いや個人差を自然で無意識に調整できます。目安として他人からスティックを渡されて何も考えずに受け取ったその時の持ち方が、あなたにとって最も無意識で自然な持ち方だと僕は思います。ここを基本形にして欲しい音色や動かすスピードを考慮しつつ様々な形に発展させていくのが、「個人個人にとってベストな持ち方」と言えるのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る