ランニングベースってどういう意味ですか

このコーナーでは、バンドのアンサンブルをはじめ、ボーカルやギター、ベース、ドラムなど、デジレコ・バンド・クリニックの講義の中で高校生の軽音楽部員から質問されることが多い「疑問」を取り上げ、誌面上で解説していきます。ぜひ参考にして、これからの練習に役立ててください。(2015/12/DiGiRECO.JR VOL.9 掲載) 協力:専門学校ESPミュージカルアカデミー

Q:ランニングベースってどういう意味ですか

A:ミュージシャン科講師 帆保博康先生

ベースラインの種類の1つに、ランニングベースとか、ウォーキングベースと呼ばれるものがあります。どちらも動いているイメージから躍動的な感じを受けませんか。ベースラインの音の選び方としていろいろなパターンがありますが、シンプルなルート音だけのものから、コードトーンを使ったり、スケール上の音を選んだりと様々です。「エーッ?何のことかわからないよ〜」という君のために説明しましょう。

和音(コード)は音を重ねたハーモニーの集合体のことですが、アルファベットで表します。例えば、「C」と言うコードは基本になる音(ルート)のC(ド)に、音程で言う長3度のE(ミ)と完全5度のG(ソ)を重ねて作る3和音のことです。明るい響きのメジャーコードです。真ん中の3度の音を短3度のE♭(ミ♭)に変えると、暗い響きのマイナーコードになります。

ベースラインでルート音以外のコードトーンも使ってみましょう。かなりカラフルな動きが感じられます。

ベースラインに動きが出てきて、「歩いている=ウォーキング」あるいは「走っている=ランニング」というような躍動感を感じられるようになります。今度Key(調)のスケールの音も使ってみましょう。

ベースラインがランニングしてきましたね。こんな風に音をつなげてベースラインをランニングさせてみましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る