オリジナル曲でコード進行まではできるのですが、メロディーが思いつきません

このコーナーでは、バンドのアンサンブルをはじめ、ボーカルやギター、ベース、ドラムなど、デジレコ・バンド・クリニックの講義の中で高校生の軽音楽部員から質問されることが多い「疑問」を取り上げ、誌面上で解説していきます。ぜひ参考にして、これからの練習に役立ててください。(2015/12/DiGiRECO.JR VOL.9 掲載) 協力:専門学校ESPミュージカルアカデミー

Q:オリジナル曲でコード進行まではできるのですが、メロディーが思いつきません

A:ミュージシャン科講師 野戸久嗣先生

メロディーは、コードの中でそれにあった音を選んで作らなければいけないと思うと、なかなか大変な気がしますよね。コード進行までできているのなら、それを演奏しながら口ずさんでいきましょう。「フンフンフーン」とか「シャラララ?」と気分良く自然に歌えれば、まずはそれなりに形になっていきますが、なかなかそう上手くは思いつかないこともあります。

歌詞は先に書いてあるのでしょうか。仮の歌詞でも良いので、言葉が先にあるとメロディーは浮かびやすいですよ。難しく思わないことが大切です。ワン、ツー、スリー、フォーと足でテンポを取りながらコード進行を弾いていきます。そうしながら歌詞を読んでいきます。ラップのような感じでOKです。.何度も繰り返していくと何となく音程がついていくはずです。これがメロディーの元になります。

コード進行の次の展開が決まってくれば、次のブロック用の歌詞を読んでいきます。盛り上がるサビのコード進行なら音程も自然に高くなるように気持も盛り上げていきましょう。音の選び方ですが、コードで鳴らしている音(構成音)ならば間違いはないので、まずは難しい音を使わずに、メロディーのリズムの部分を工夫するつもりで、自分で作ったコード進行に気持ちよく言葉を乗っけていきましょう。仮の歌詞だとしても作詞のトレーニングにもなりますね。ぜひ試してください。

関連記事

ページ上部へ戻る