ベースアンプでの音作りのコツを教えてください

このコーナーでは、バンドのアンサンブルをはじめ、ボーカルやギター、ベース、ドラムなど、デジレコ・バンド・クリニックの講義の中で高校生の軽音楽部員から質問されることが多い「疑問」を取り上げ、誌面上で解説していきます。ぜひ参考にして、これからの練習に役立ててください。(2015/9/DiGiRECO.JR VOL.8 掲載) 協力:専門学校ESPミュージカルアカデミー

Q:ベースアンプでの音作りのコツを教えてください

A:ミュージシャン科講師 帆保博康先生

最も基本的なベースアンプのコントロールは以下になります。

①GAIN(Volume)

ベースからケーブルを通過してきた音(信号)をどの位の大きさで受けるのかを決めるためのコントロールです。パッシブ・ベースのように出力が小さいベースは受けるレベルを高めにして音圧がでるように設定します。アクティヴ・ベースのように出力が大きいベースは受けるレベルを低めにして歪んでしまわないように設定します。ベースアンプによってはINPUTが2つあり入力のレベルをHi&Lowなど選べるタイプもあります。

②TONE

音のキャラクター(音色)を作るコントロールです。

【Bass】Bass低音部を増減させる部分です。

【Middle】中音部を増減させる部分です。周波数が可変式のタイプは自分で帯域を選んで調整します。

【Treble】高音部を増減させる部分です。

基本的には基準の位置(真ん中)から上げ下げして自分のベースの音色を作っていきます。

③Master Volume

最終的な音量を決定する部分です。

音作りのコツとしてはある程度GAINでレベルを上げないと、最後のMASTERで音量を上げようとして、充分な音量まで上げられないので、GAINの設定がポイントになります。

最後に音色作りのポイントですが、例えばハードなサウンドのバンドでギターが歪んでヘビーな音を出している場合、重い低音を支えるためにBASSと音の輪郭(エッジ)を際立たせるためにTREBLEを上げ、MIDDLEは控えめにして、ギターとの一体感を大切にします。SLAP奏法の場合も同様です。反対に歌中心のポップス等の場合は、Gtがクリアなサウンドでキーボード等たくさんの楽器と演奏することが多いと思いますので、ベースラインの音程感を明確にするためにMIDDLEを上げます。2フィンガーで暖かい音色を目指すならTREBLEを控えめにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る