シールド線(ケーブル)には信号の方向がある

世の中には人から人へと伝え継がれている話がたくさんあります。それがウソかホントかわからない話だったりして、聞かされた方としてはとっても微妙な気分だったりします。でも、とりあえず信じてしまうのが不思議!しかも教えられた人も真偽のほどはよくわかっていないのですが、自分の知人にまた教えてしまう…。そうやってこのウンチクはネズミ講のように広がっていきます。こうなったらもう一昔前に流行った伝言ゲームと同じです。途中で聞きまちがいやその人なりのアレンジが入ったりして、いつ東京湾にゴジラが上陸してもおかしくない状況…(笑)。いわゆる都市伝説の類いですね(笑)。「友達から聞いたんだけど…」という、あいまいだけどリアルな話にちょっと専門的な知識が乗っかってものすごく「しっくりくる話」になる、というのがこのテの話の基本的な構造かもしれません。これらの中には「完全に事実から逸脱してしまったモノ」があるかと思えば「正解のモノ」もあり、「ある意味では正解」なんていう質の悪いモノまで多種多様。でも、結構おもしろかったりして憎めない…そんな話って皆さんのまわりにもたくさんありませんか。

そこでエレクトリック・ギターとその周辺機器に関する都市伝説の特集です。とは言え、この僕も伝説に踊らされているかもしれませんので、専門的な検証は株式会社インフィニティー・プロダクツの代表取締役、木庭啓惟氏にお願いしました。(文:近藤正義/WIRED)

(2008/5/ElectricGuitar VOL.19 掲載)

#18:シールド線(ケーブル)には信号の方向がある

これは僕も聞いたことがありませんでした!知らなかったのですから、気にすることもありませんでしたし、現実問題としてどちら向きでも一応音はでていましたし…。でも、本当にこのように方向性を持たせたケーブルはあるそうですよ。

その場合、原則としてケーブルに書いてある文字の頭がギター側で、文字のお尻がアンプ側ということになるそうです。2芯のケーブルが編み込んである場合では片方のグラウンドを切りもう片方のグラウンドを生かすように作られることが多いのでこのようなことになるわけです。確かに安価なケーブルにはどちらでも変らないモノもあるそうですが…。

しかし、ある程度のランクのケーブルになれば方向性を持たせるのが普通ということなので、これを知らないでいると信号の伝導ということに関してかなり損をしていることになります。ということは僕は今までこのような事実を知らずにケーブルを使っていたんですね(苦笑)。

関連記事

ページ上部へ戻る