ミュートが難しいのですが、どうすればうまくできますか

このコーナーでは、バンドのアンサンブルをはじめ、ボーカルやギター、ベース、ドラムなど、デジレコ・バンド・クリニックの講義の中で高校生の軽音楽部員から質問されることが多い「疑問」を取り上げ、誌面上で解説していきます。ぜひ参考にして、これからの練習に役立ててください。(2015/12/DiGiRECO.JR VOL.9 掲載) 協力:専門学校ESPミュージカルアカデミー

Q:ミュートが難しいのですが、どうすればうまくできますか

A:ミュージシャン科講師 阿部雄太郎先生

ミュートって、地味なテクニックで見落とされがちですが、実は絶対に習得しなければならないテクニックの1つです。ミュートの大切さ、必要性に関して話をしつつ、実際にやり方を説明していきましょう。

ミュートをするとピッキングがしづらくなったり、押さえづらくなったり…。わざわざミュートするの面倒だな? とか、右手でピッキングしなければミュートしなくても良いでしょ? と思う人もいると思いますが、ギターは弦を弾くとその振動がボディーやネックなどに伝わって、いろんな所が振動します。そのせいで、ピックで弾いていない弦も鳴ってしまっているものなんです。コードストローク、カッティングの時は勿論ですが、単音弾きの時も確実にミュートしなければなりません。まずは、ミュートで使う手の部分を把握しましょう。ミュートで使うところに赤丸を付けました。

基本的に単音弾きの時、5、6弦のミュートは右手の平の側面(Aの部分)で、1、2、3、4弦のミュートは、各指の付け根(Bの部分)でします。コードストロークやカッティングの場合、5弦ルートのコードを弾く場合は6弦のミュートを左手の指の先端(Cの部分)でします。場合によっては、6弦のミュートを左手の親指(Dの部分)でミュートすることもあります。まずは、意識です。ミュートを意識して、普段弾いている曲を1曲通して常にミュートをするくらいの気持ちで取り組んでみましょう。

今回、紹介したミュートのやり方は、基礎的な形のほんの一例です。実際、プロギタリストは1つの音を弾くときに、何通りものミュートを駆使して、鳴らしたい弦以外の音を確実に出ないようにしています。地味な上に細かい技術ですが、ミュートをマスターしてワンランク上のギタリストを目指してください。

関連記事

ページ上部へ戻る