全国学校軽音楽部協会とは

現在、全国で軽音楽系の部活動が活発に行われ、多くの生徒が軽音楽を通して様々なことを学んでいます。それは、軽音楽部の「自主性」や「責任感」の伴う活動が学習意欲の向上につながり、「コミュニケーション」「チームワーク」「クリエイティビティー」といった社会で必要とされるスキルを育てることができる部活動だと認知されてきたからだと思います。しかし、その一方で、他の部活動に比べるとまだその運営方法や指導方法などが確立しておらず、学校単位、各都道府県の高等学校文化連盟軽音楽専門部や軽音楽連盟単位での活動にとどまっているのが現状です。また、大会における審査基準やレギュレーション、校外活動の範囲、部活動とバンド活動との違いなどに統一された定義がないことが軽音楽部の発展の妨げになっていると思います。

今後、軽音楽部の社会的な認知と発展が進み、生徒が部活動として正しく活動できる状態にするには、文化庁をはじめ、各都道府県の高文連専門部や連盟、顧問の先生方と協力しながら、全国規模の交流ができる場を作ることや軽音楽部員への直接的な支援、及び指導が必要だと思います。

私たちは、このような支援活動を推進するには、営利を目的とした民間企業の形態ではなく、公平性と中立性を保ちながら、情報公開を通じて広く一般の方の賛同を得ることができる特定非営利活動法人としての活動が望ましいと考え、本協会を設立しました。これまでにも、情報誌の発行、大会や合同演奏会の運営支援、大会プログラムの発行、生徒や顧問への各種クリニックや講習会の開催、軽音楽連盟発足の支援などを行ってきました。今後も不特定、かつ多数の公益に寄与しながら、軽音楽を通して青少年の健全な育成を目指していきます。

特定非営利活動法人(NPO法人)
全国学校軽音楽部協会
理事長 三谷佳之

NPOである意味

軽音楽部は部活動の1つであり、部活動は学校教育の一環です。学校教育であればこそ、公平性、中立性、継続性が大切です。それらを踏まえ、部活動を支援する団体としては営利を目的とした民間企業ではなく、特定非営利活動法人(NPO法人)の形態が望ましいと考えています。軽音楽部の強みはバンドや音楽を通して、社会が求める人材を育成できることです。全国の軽音楽部がより良い活動ができるように応援したい…。当協会の理念や活動内容にご賛同いただける方々のご支援をお待ちしております。

入場無料であっても主催や共催に株式会社があると営利目的と見做します。

一般社団法人 日本音楽著作権協会 談

公平性

全国的に公平であることが求められます。都心の学校でも地方の学校でも機会が均等に提供されることが大切です。営利目的の費用対効果では測れません。

中立性

中立性が保障されることが求められます。生徒にとって本当に有益なサポートを提供できることが大切です。特定の企業に偏らず、中立な立場が求められます。

継続性

継続性を担保することが求められます。企業の業績の変動等の理由で支援が中断されるようなことがなく、継続的にサポートを続けることが重要です。

団体概要

名称

特定非営利活動法人(NPO法人)
全国学校軽音楽部協会

代表

理事長 三谷佳之

住所

〒224-0003
神奈川県都筑区中川中央1-37-6-405

連絡先

TEL:045-913-0901
FAX:045-913-1900
MAIL :info@keionkyo.org

役員・社員

役員

三谷佳之  理事長
辻 伸介  副理事長
松山英子  理事
鈴木幹夫  監事

社員

三谷佳之  株式会社ミュージックネットワーク代表取締役社長
辻 伸介  プロドラマー/音楽専門学校講師
鈴木幹夫  有限会社エムエージー代表取締役社長
木庭 啓  株式会社インフィニティプロダクツ代表取締役社長
浅野祐司  IT Service Crew 代表
三谷暢之  株式会社ミュージックネットワーク取締役
松山英子
新實誠矢
鈴木悠平
株式会社ミュージックネットワーク

定款

定款より抜粋

第2章 目的及び事業
(目的)
第3条 この法人は、学校内の活動である軽音楽部、またはそれに準ずる部活動や同好会・サークルに関わる人々に対して、軽音楽部の発展に関する事業を行い、その団体に所属する生徒・学生の人格形成や教養の育成に寄与することを目的とする。

(事業)
第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の特定非営利活動に係る事業を行う。
(1)軽音楽部発展に関する教育事業
(2)軽音楽部発展に関する普及啓発事業
(3)軽音楽部で使用する機材及び備品販売事業

定款を見る

>「主な活動と賛助金の使途」を見る