カテゴリー:軽音協の提案

  • 軽音楽部がさらに市民権を得るために

    その昔、昭和の時代のまだ軽音楽部が荒れていた頃、その地位を少しでも向上させるべく、生徒指導をされてきた顧問の先生方…今やベテランの領域だと思います…のご苦労は大変だったと思います。そのおかげで、軽音楽部を取り巻く環境は格…
  • #がんばろう軽音楽部

    新型コロナウイルスの感染が拡大し、学校現場では3月から休校となり、卒業式はおろか、引退ライブや合同演奏会の中止などが余儀なくされ、例年の春とはまったく異なる状況が続いています。 そして、更なる感染拡大を防止する観点…
  • 軽音楽部の大会における統一審査基準

    現在、多くの大会において審査の基準が異なります。順位がつけにくい音楽というカテゴリーでは、その時々の審査員の主観で優劣が決められ、会によって審査されるポイントが変わっています。今後、全国的な部活動として軽音楽部が発展して…
  • 音楽合宿のススメ

    全国の軽音楽部の中には、夏休みや春休みを利用して「合宿」を行っているところが少なくないことをご存知ですか。「野球部やサッカー部などの運動部ではよく聞く話だけれど、軽音楽部で合宿なんてできるの?」と思っている方…
  • 軽音楽部 2.0

    かつてはエレキ・ギターを持ち歩き、バンドを組んでいるというだけで不良というレッテルを貼られた時代がありました。若者は反体制を叫び、ロックは自由の象徴でした。学校教育とは真反対な存在であったロックやバンド。そんな時代をくぐ…
ページ上部へ戻る