太いゲージの弦ほど音が良い

世の中には人から人へと伝え継がれている話がたくさんあります。それがウソかホントかわからない話だったりして、聞かされた方としてはとっても微妙な気分だったりします。でも、とりあえず信じてしまうのが不思議!しかも教えられた人も真偽のほどはよくわかっていないのですが、自分の知人にまた教えてしまう…。そうやってこのウンチクはネズミ講のように広がっていきます。こうなったらもう一昔前に流行った伝言ゲームと同じです。途中で聞きまちがいやその人なりのアレンジが入ったりして、いつ東京湾にゴジラが上陸してもおかしくない状況…(笑)。いわゆる都市伝説の類いですね(笑)。「友達から聞いたんだけど…」という、あいまいだけどリアルな話にちょっと専門的な知識が乗っかってものすごく「しっくりくる話」になる、というのがこのテの話の基本的な構造かもしれません。これらの中には「完全に事実から逸脱してしまったモノ」があるかと思えば「正解のモノ」もあり、「ある意味では正解」なんていう質の悪いモノまで多種多様。でも、結構おもしろかったりして憎めない…そんな話って皆さんのまわりにもたくさんありませんか。

そこでエレクトリック・ギターとその周辺機器に関する都市伝説の特集です。とは言え、この僕も伝説に踊らされているかもしれませんので、専門的な検証は株式会社インフィニティー・プロダクツの代表取締役、木庭啓惟氏にお願いしました。(文:近藤正義/WIRED)

(2008/5/ElectricGuitar VOL.19 掲載)

#2:太いゲージの弦ほど音が良い

こういうことを偉そうにのたまう先輩いるよね!なぜかそういった人たちの頭の中には「細いゲージ、イコール軟弱」「太いゲージ、イコール根性が入っている、男らしい、昔はそんなヤワな弦はなかった」なんていう図式が成り立っていたりするので始末が悪い。

では、実のところはどうなんだろう?太いゲージの弦は度が過ぎるとギターのボディーを鳴らすという点では明らかに細いゲージに劣り、弦そのものの音が鳴っているだけに近い状態になってしまいます。同じくサスティンも細いゲージの弦に軍配があがります。ようするにプレイするジャンルやスタイルに応じたギターのセッティングをすればいいのであって、いや、もう一歩進めるなら自分が弾きやすければそれでいい。あえて一般的に分けるなら、きらびやかでサスティンのある音色が欲しければ細いゲージ、素朴で地味なサウンドが欲しければ太いゲージが有利。それだけのことですから。

関連記事

ページ上部へ戻る