第87回 柏木学園高等学校 軽音楽部

第87回目のデジレコ・バンド・クリニックの実施校は柏木学園高等学校です。1997年に設立された、比較的新しい学校で、最寄駅は小田急江ノ島線・相鉄線の大和駅です。同校の軽音楽部は1年生からオリジナル曲の制作をはじめ、積極的に公式大会に挑戦し、合同ライブにも参加するなど、精力的に活動しています。早速、軽音楽部の様子を顧問の三部 哲先生と佐藤宏拓穣先生に伺いました。

ー 軽音楽部の歴史を教えてください
三部:平成4年に本校へ着任した当時はクラスの担任や顧問にはならず、学園全体の仕事をしていました。当時の軽音楽部に関しては特に注目はしていなかったのですが、創部は平成15年くらいだと思います。正直なところ、それまでの軽音楽部は規律がなく、ダラダラとした部活動だったと記憶しています。当時、気の合う先生が軽音楽部の顧問だったので、私も一緒にやろうと思い、顧問になりました。そこから、徐々にしっかりとした部活動に変え始めていきました。

ー 練習時間はどのくらいありますか
三部:本校では朝練を行っており、毎朝30分、練習しています。お昼は部員でランチ・ミーティングをし、放課後の活動に向けた話し合いや意見交換をしています。放課後の活動は15時30分から18時までです。

ー 全体練習やミーティングはしていますか
佐藤:活動を始める前と終えた後に必ずミーティングをし、その日の報告や反省、連絡などを部内で共有しています。
三部:朝の練習は全員で取り組み、ホールでボーカル、ギターとベース、ドラムの3チームに分かれて行っています。その他、火曜日はギター・オーケストラの練習日とし、全員でクラシック・ギターを練習しています。バンドごとにバラバラに活動したり、練習するのではなく、部活動として取り組むからには、全体練習は必要だと考えています。

ー 貴校らしいユニークな練習メニューはありますか
三部:本校が他校の軽音楽部さんの練習内容を取り入れさせていただいているくらいなので(笑)、これといって特にないのですが、本校ではギター・オーケストラに挑戦しています。クラシック・ギターを練習することでエレキ・ギターを弾く際の参考になるほか、クラシック・ギターを全員で奏でて、課題曲の練習に取り組んでいます。

ー 年間の行事予定を教えてください
三部:4月は新入生歓迎ライブ、5月は新入部員による初ライブや市民祭り、ギター・オーケストラの発表があります。7月は軽音楽連盟のコンテストと合宿、8月はギター・オーケストラの発表と本校での合同ライブである「普門ライブ」の開催、9月は文化祭、10〜11月は神奈川県高等学校軽音楽コンクールに向けた合同ライブ、12月は普門ライブの開催、3月も普門ライブを開催します。

ー 誌面を通して、部員にコメントをお願いします
三部:3年間の軽音楽部での活動をやり遂げれば、社会に出ても十分に通用します。軽音楽部は達成感を必ず得られる部活動です。何があっても、これまで努力してきたことは裏切らないので、それを糧にして、社会に出て欲しいです。また、周りに感謝することができる人になって、これからも良い人間関係を築いていってください。
佐藤:この3年間は楽しいこともあれば、きついと感じることもあると思いますが、「やりきる力」というのが社会に通用するためには必要なことです。また、相手を思いやる気持ちを大切にしてください。

関連記事

  1. 第90回 国際学院高等学校 軽音楽部

  2. 第85回 明星高等学校 軽音楽部

  3. 第88回 兵庫県立川西緑台高等学校 軽音楽部

  4. 第89回 土佐塾中学・高等学校 軽音楽部

  5. 第86回 東京都立狛江高等学校 軽音楽部