高等学校軽音楽部合同演奏会 in 横浜ミュージックスクール

中間テストが終わったあたりの5月下旬。神奈川県内の高校軽音楽部を対象にした合同演奏会を専門学校横浜ミュージックスクールとの共催で開催しました。演奏直後に音楽専門学校の講師から講評やアドバイスが受けられる本イベントに、県内から5校/9バンドにご参加いただきました。

開会式で合同演奏会の趣旨が伝えられ、講師の紹介が済むと、早速、1校目の柏木学園高等学校の「Lost Brain」の演奏からスタート。演奏後には「初めてのオリジナル曲ということで、曲の構成がわかりやすく作られています。バンドを組み始めて間もない間は、まず手元を見ずに演奏できるまで練習してください。すると、メンバーの顔や目を見ながら演奏できるようになり、もっとバンドらしくなります。「『歌詞の世界観に浸って、主人公を演じよう』という姿勢が強く感じられて、とても良かったです。たくさんの人たちの前で演奏するのは緊張しますが、筋肉をほぐし、緊張を和らげるためにも演奏前にはストレッチをしてください」といった新入生向けのアドバイスから「シャッフルの難しいパターンをよく練習しているのが伝わる演奏でした。シャッフルはキメが難しいので、ハネが弱くなりがちです。シャッフル感を常に意識して、さらにノリを出せるようにしてみてください」といった高度、かつ具体的な講評が伝えられました。

閉会式後には生徒同士で話をしたり、各校の顧問の先生に講評を聞きに行くなど、参加校が交流を深めました。

【参加校】相模原女子大学高等部/神奈川県立市ケ尾高等学校/神奈川県立相模原総合高等学校/神奈川県立城山高等学校/柏木学園高等学校

関連記事

  1. HIGH SCHOOL 紅東 BAND FESTIVAL i…